労働契約について
  労働契約とは
  労働契約と就業規則
  契約の締結:採用
  試用期間
  契約の終了:退職と解雇

守らなければならない労働条件
  労働時間
  休憩時間
  休日
  時間外・休日労働
  管理職等の扱い
  休暇

社会保険について
  制度の概要
  入らなければならない会社
  会社の加入手続
  加入する人/しない人
  保険料

いざというときの手続
  入社したとき
  退職したとき
  結婚したとき
  子供が生まれたとき
  けがや病気をしたとき

覚えておくと役立つ知識
  扶養に入る条件
  公的年金の体系
  人事のスケジュール

人事制度
  概要

  等級制度
  報酬制度
  評価制度

給与について
  給与に関する法規制
  給与計算の手順
  給与計算の支給項目
  給与計算の控除項目

助成金

人事関連書式集

 


 守らなければならない労働条件

 休日

毎週少なくとも1回の付与が義務付けられています。(これを法定休日といいます。)
言いかえると、あらかじめ特定した上で4週平均週1回の休日があれば良く、日曜日や祝日を休日とする必要はありません。
ただし、週当たりの所定労働時間は40時間以内にしなければなりません。

また、法定休日に出勤した場合、法定の割増賃金(3割5分増し)を支払わなければなりません。

なお、法定休日に出勤して振替休日を取得した場合と、代休を取得した場合には大きな違いがありますので、注意してください。

名称 概要 効果
振替休日 休日をあらかじめ他の日に振り替える 割増賃金が発生しない
代休 休日に働いた後、他の日に休む 割増賃金が発生する

 

休日Q&A

Q.前後の労働が休みの日にはみ出した場合はどう考えるのですか?


休日とは、労働義務のない午前0時から午後12時(24時)の暦日24時間をいいます。この間は労働から解放されていなければ休日と言えません。

したがって、休日の前の日の仕事が長引いて午後12時を過ぎてしまった場合や休日が終わる午後12時前から作業が始まる場合は休日を取得したとは言えなくなります。


Q.休日のアルバイトを禁止できますか?


就業規則等に定めがあるなど、労働契約において二重就職(兼職)を禁止して、それが法的に有効な場合に限って禁止できます。

兼業行為があったとして懲戒処分をする場合は、その兼業行為が会社の職場秩序に影響を与えた程度や、会社に対する労務の提供に支障をきたした程度など、中身を慎重に検討して処分を下す必要があります。



Q.休日は明確に特定しなければなりませんか?


就業規則上特定の曜日を休日と明示するなど、休日の特定までは求められていません。

もちろん労働者の保護上、休日を特定する方が望ましいということは言うまでもありません。



Q.休日の慰安旅行や運動会は休日労働となりますか?


一般的に休日の慰安旅行や運動会への参加は、強制的に参加・出場しなければならないものであるときを除いては、使用者の指揮命令下にあるとは言えず、休日労働になりません。

しかし、その準備や世話をすることが業務のなかに含まれている者(いわゆる「幹事役」)については、その準備・世話自体が業務の一環としての行為となるので、その日は労働したことになります。

そのため、 その日が法定休日であれば、休日振替が行われない限り休日労働となります。

一方、職場で有志を募り、あくまで自発的・任意に実施する旅行等の幹事役については、労働を行ったことにはならず、休日労働とはなりません。



Q.休日の接待ゴルフは休日労働となりますか?


休日の接待ゴルフは、原則として労働時間と認められず、休日労働にはなりません。

接待ゴルフの参加が業務の遂行に必要な行為であっても、それはあくまでも付随的なものであり、業務遂行そのものではないため、休日労働と認められないとするものです。

これは、相手に招待された場合だけでなく、業務命令で参加した場合や、会社がゴルフの費用や旅費を負担して休日にゴルフコンペを開催した場合も同様です。

接待ゴルフが労働時間として認められるためには、いくつかの条件が必要となります。

上司の特別な命令があり、そこで具体的で重要な商談を行うなどの業務を伴い、プレー代も会社が負担する場合です。

取引先との価格の折衝など重要な交渉の細部を詰めながらプレーするといった場合に勤務となり得る場合があります。

また、ゴルフコンペの準備、進行、接待、送迎など幹事役を上司の業務命令で行った場合は、それが主たる業務である場合は休日労働扱いとなり、会社が休日割増賃金を支払うことが必要となることもあります。  



Q.休日に出張先に出発した場合は休日労働に当たりますか?


出張の際の往復時間は、原則として、通常の通勤時間と同様に労働時間として算入せず、休日に出発しても休日労働とはしません。

また、休日当日に到着し、その日現地にて特に何も業務もなく翌日に備えるような場合も休日労働とはしません。

休日労働と扱われるケースとしては、出張先へ向かう際に、物品の運搬・監視といった特別な業務指示がある場合は、出張先までの移動時間が労働時間とみなされ休日労働とされるものや、現地に着いて、当日に業務上の会合が行われ出席する場合などは労働時間であり、休日労働としての割増賃金の支払いが必要となるものがあります。



 

当サイト管理者の事務所サイト(http://www.hmpartners.jp)も併せてご参考にして下さい。

 

 

 

 

 


Copyright (c) 2002 senmon.com All Rights Reserved.